メンタルタフネス講座の正規科目化への取り組み

平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」において開発・実施してきた「メンタルタフネス講座」は、学生の「メンタル面」の育成を通して、就職後の早期離職などを防止するための講座でした。今回の取り組みでは、これまでの実施経験や学生からの要望等を反映させた「実践講座」を追加し、総合的な「就業力」の育成を図るとともに、「新メンタルタフネス講座」としてキャリア科目群の実習科目として正規科目化します。

 

『メンタルタフネス講座』に関する記事

キャリアプランニング科1年生は、本学入学にあたり受験したPROG(コンピテンシーテストのみ)についての解説会に参加し、今後の学生生活で伸ばすべき自らの資質について学習しました。

 求人のために組織・会社を訪問する際、実社会が求める人材像を伺うと、「がんばれる人」「ちょっとやそっとのことでは辞めない人」を求められます。そんなことから、「メンタルタフネス講座」を始めました。

 平成25年3月28日(木)、情報ビジネス学部の新3年生(進級予定学生)を対象に「メンタルタフネス ベーシック講座」が実施されました。

7月30日(月)・9月10日(月)の2回にわたり、情報ビジネス学部3年生を対象とした「メンタルタフネスを活かすビジネス研究講座」を実施しました。

 7月31日(火)にキャリアプランニング科1・2年生を対象とした「第2回メンタルタフネス育成~セルフモチベーション講座」を実施しました。

ページ