自己理解促進のための採用面接官の疑似体験(バーチャル人事体験)

アクティブラーニングによる学生の主体性・創造性を育成し、自己理解を深める活動として、学生が採用面接官を疑似体験する「バーチャル人事体験」を行います。特に通常経験することのない「面接官」の役割をオブザーバーとして体験することによって、企業人事の視点からどのような人材が求められ何が評価の対象になるかについて、企業側のニーズや自己の職業観を理解することが可能となります。

 

『自己理解促進プログラム』に関する記事

 平成27年2月23日(月)、24日(火)、経営学部の3年生を対象に「学部自己理解促進プログラム 模擬面接講座」が実施されました。

 本学では、資格取得支援や就職活動におけるスキル面を重視した就職ガイダンス等とは別に、平成22年度からメンタル面の強化を目指した取り組みとして、メンタルタフネス育成講座を行ってきました。平成25年度からは、年3回のメンタルタフネス講座と新たに2日間日程の『自己理解促進のための模擬面接講座』と連携する形で合わせて5日間の講座となります。
...

 2月9日(月)・10日(火)両日とも2限~4限に学研メディコンから宗村先生をお招きして、自己理解促進の一環として、面接講座を行いました。

 初日は、面接の基礎講座と題して「面接で問われるコミュニケーション力」と「模擬面接」を(5名の学生さんに協力してもらい)行いました。
 二日目はグループに分かれて行いました。アクティブラーニングの要素が多様に含まれた手法で学生同士で進めていくワークショップのスタイルを取りました。
...

 平成26年5月30日(金曜日)、キャリアプランニング科1年生向けにインターンシップのガイダンスを実施しました。その後、希望調査を行い調整した結果、以下のように実習先が決まりました。

  • 豊橋市役所 6名、蒲郡市役所 1名、田原市役所 1名
  • 豊橋信用金庫 1名、ユタカコーポレーション 1名、ほの国百貨店 1名

...

 

 平成26年5月30日(金曜日)4限、キャリアプランニング科1年生は、キャリアセンター職員によるインターンシップのガイダンスに参加しました。昨年度のインターンシップの実習の様子をスライドで紹介してもらい、その後、今年度のインターンシップの実施概要について説明を受けました。
...

 

 平成26年5月16日(金曜日)4限、キャリアプランニング科は、1年生を主な対象にして外部講師・水野愛子様(日本表情筋トレーニング協会代表)をお迎えして、特別講座の後半の部を実施しました。5月9日(金曜日)に実施した前半の部に続くものです。ここでは、2回の講座全体をまとめて報告いたします。
...

 

ページ