地域企業・組織と連携したプロジェクト体験

実社会におけるプロジェクトベースでの仕事の増加状況を鑑みプロジェクトの体験を通して産業界ニーズとのギャップを埋める「プロジェクト演習」科目を展開します。学生はゼロから企画を立ち上げ、答えの用意されていない課題に取り組むことによって、自主性や創造性、さらにはリーダーシップや他者との協働がいかなるものであるのかを実地体験を通して学びます。

 

『地域産業連携プロジェクト』に関する記事

 村松プロジェクトでは、田原市のバラ園((株)デイジー)にご協力いただき、新鮮なバラの地産地消システムについて探求を深めています。
 東三河地方はバラだけでなく生花の生産が盛んであり、生活の中に花を取り入れる取り組みも数多くおこなわれています。そこで今回は、生花と身近な材料を使い、作品の全てを手作りし、自由に表現することをとおして自主性や感性を養う『花育』を体験しました。
...

 2013年度 豊橋を色々な面でプロモーションをするトヨハシ♡(ハート)ヨシプロジェクトは、「豊橋スイーツBoys & Girlsセレクション」マップづくりに取り組みました。豊橋生菓子組合とのコラボレーションによりスイーツマップを作成し、2月に配布しました。豊橋オリジナルな話題でもありましたので、スイーツマップ作成活動やマップの内容を豊橋ケーブルテレビ[ティーズ]の番組でとりあげていただくことになりました。
...

 本年度のプロジェクト活動のスタートにあたり,2014年5月1日(木)4限に,経営学部3年生を対象として,プロジェクト実習キックオフ講演会「豊橋を知る」を開催しました。講師には,豊橋市企画部政策企画課の鈴木裕二様をお招きし,豊橋市の特徴と第5次総合計画について講演いただきました。また,「まちなかにぎわいプラン(まちなか活性化)」についてのグループディスカッションも行い,活発な議論が交わされました。
...

 木下プロジェクトでは、『和食』がユネスコ無形文化遺産(世界遺産)として登録されたことをきっかけに、和食材からみた『和』の文化についての探求を今年度のプロジェクトテーマとしています。
 その第1弾として、5月9日(金)に豊橋茶業農協様のご協力により、一番茶の茶摘み体験と煎茶製造工程の見学を行いました。
...

 4月16日(水曜日)9時からキャリアプランニング科のプロジェクト活動のキックオフが行われました。

 当日、学生はiPadを持参し、「プロジェクト管理システム」と、本学独自の総合学修ポートフォリオである「Sozo Passport」の説明を受けました。

 キックオフミーティングということで、社会人基礎力の内容、プロジェクト活動を行う意義、プロジェクトの進め方、タスクの考え方、などを学びました。
...

ページ