地域企業・組織と連携したプロジェクト体験

実社会におけるプロジェクトベースでの仕事の増加状況を鑑みプロジェクトの体験を通して産業界ニーズとのギャップを埋める「プロジェクト演習」科目を展開します。学生はゼロから企画を立ち上げ、答えの用意されていない課題に取り組むことによって、自主性や創造性、さらにはリーダーシップや他者との協働がいかなるものであるのかを実地体験を通して学びます。

 

『地域産業連携プロジェクト』に関する記事

豊橋の「お菓子・駄菓子」をキーワードにして、プロジェクト活動を展開する。

公共交通機関にもっとも興味が薄い層である女子学生が、自分たちの意見を提案をして公共交通=路面電車に貢献できるかがテーマです。

平成21年度から豊橋市のこども未来館の「体験プログラム」の中に組み入れていただき、こどもクッキングを実施している。

豊橋市の地域の人に、市の外来生物に対する活動を知ってもらうために、活動への参加を呼び掛けるとともに、自分たちも実際に活動に参加して経験したことを広める。

 

ページ