1 of 2

平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」において開発・実施してきた「メンタルタフネス講座」は、学生の「メンタル面」の育成を通して、就職後の早期離職などを防止する...

アクティブラーニングによる学生の主体性・創造性を育成し、自己理解を深める活動として、学生が採用面接官を疑似体験する「バーチャル人事体験」を行います。特に通常経験す...

実社会におけるプロジェクトベースでの仕事の増加状況を鑑みプロジェクトの体験を通して産業界ニーズとのギャップを埋める「プロジェクト演習」科目を展開します。学生はゼロ...

学生自らが行動を起こすアクティブラーニングをコンセプトとして、それを達成するための5つの要素(グループワーク、ディベート、フィールドワーク、プレゼンテーション、振...

あらゆる局面でアクティブラーニングの手法としての5つの要素(グループワーク、ディベート、フィールドワーク、プレゼンテーション、振り返り)を含むような活動を展開し、...

【短期大学部】わんぱく電車ひろばに参加しました(伊藤プロジェクト)

 豊橋鉄道様が90周年を迎えるにあたって開催された、豊鉄感謝祭のお手伝いをしてまいりました。わんぱく電車ひろばという「ぬりえ、記念撮影用『ほっトラム』パネル等にて、小さなお子様が楽しんでいただくコーナー」をお手伝いいたしました。
...

【学部】トヨッキー応援活動の一環として鷹丘つくし児童育成クラブを訪問しました(中田プロジェクト)

 中田プロジェクトでは、12月4日木曜日、トヨッキー応援活動の一環として、鷹丘つくし児童育成クラブを訪問しました。

 児童育成クラブでは、トヨッキー応援隊のメンバーとともに塗り絵や折り紙をしながら、メンバーが作成したステッカーを配布し、地元豊橋市のゆるキャラ・トヨッキーに親しみをもってもらいました。初めて会うメンバーたちと子どもたちはすぐに打ち解け、帰る際には「帰らないで」「また来てね」と名残惜しむ声をいただいていました。
...

【学部】市内小中学校太陽光発電システムの訪問調査状況の中間報告(見目プロジェクト)

 12月2日火曜日に豊橋市教育委員会教育政策課を訪問し、豊橋市内小中学校太陽光発電システムの訪問調査の中間報告を行いました。

 本プロジェクトでは10月中旬より市内小中学校の訪問調査を開始し、11月末までに33校の調査を終えました。

 これまでの調査の結果、何らかのトラブルや故障のあった学校は20校に達し、さらにその内の14校では修理が必要な故障が発生していたことが分かりました。これらの値は昨年度の故障数(11校、その内で修理が必要なものは2校)を大きく上回っています。
...

【短期大学部】食の伝達・食育プロジェクト「大学生コックさんのクッキング教室(こどもクッキング)」活動報告(朝倉プロジェクト)

 調理師コースの朝倉ゼミは「大学生コックさんのこどもクッキング」の本年度最終回を11月29日(土)に実施しました。この日の参加者は小学25名で、賑やかくそして楽しく終了しました。
 今回は和食を取り上げ「手まり寿司・沢煮椀・たまごボーロ」の3品でした。沢煮椀は具が沢山という意味もあり、参加者は牛蒡や人参などの沢山の食材の千切りに挑戦しました。
...

【学部】介護施設で2回目のレクリエーションを実施しました(今井プロジェクト)

 今井プロジェクトでは、11月の第2、第4の月、水、金、土曜日にナーシングホーム気の里で介護施設向けのiPadを活用したレクリエーションを実施しました。(実施日:8日(土)、10日(月)、12日(水)、14日(金)、22日(土)、24日(月)、26日(水)、28日(金))

 8月に試験的に実施した4回のレクリエーションでいただいた意見を踏まえ、時間制限や背景に動きがあるものは無くし、好評だったアプリ(漢字、パズル、間違い探し)の種類を追加しました。
...

ページ

Front page feed を購読