1 of 2

平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」において開発・実施してきた「メンタルタフネス講座」は、学生の「メンタル面」の育成を通して、就職後の早期離職などを防止する...

アクティブラーニングによる学生の主体性・創造性を育成し、自己理解を深める活動として、学生が採用面接官を疑似体験する「バーチャル人事体験」を行います。特に通常経験す...

実社会におけるプロジェクトベースでの仕事の増加状況を鑑みプロジェクトの体験を通して産業界ニーズとのギャップを埋める「プロジェクト演習」科目を展開します。学生はゼロ...

学生自らが行動を起こすアクティブラーニングをコンセプトとして、それを達成するための5つの要素(グループワーク、ディベート、フィールドワーク、プレゼンテーション、振...

あらゆる局面でアクティブラーニングの手法としての5つの要素(グループワーク、ディベート、フィールドワーク、プレゼンテーション、振り返り)を含むような活動を展開し、...

【学部】就業体験講座――豊橋市役所と市議会

 去る9月8日、経営学部就業体験講座の第2回目見学先である豊橋市役所と市議会を訪れました。地理的には近接するものの、窓口や清掃業務以外では中々接する機会のないのが地元行政です。当日の午前中は、現在施行中の第5次豊橋市総合計画の重点戦略から5項目を提示、学生諸君に関心のあるテーマを選択し、要約とコメントを「予習ノート」に記載してもらいました。パワーポイントではまとまった文章を示せず、蔓延するコピペ(低質のホームページからのコピー&ペースト)への対策もあって、アナログな手書き作業です。中にはかなりの力作が見られました。
...

【短期大学部】能動的学修の教員研修リーダー講座に参加しています

 体験学修を多く入れ体験を通じて能動的学修の相互研究を深める講座です。全国各地の大学、短大の教員が集まって能動的学修について学ぶ先進的な講座です。期間は3か月です。
 この講座に、キャリアプランニング科の講師 伊藤圭一先生が参加しています。
...

【短期大学部】学生たちの『梅干し』が完成しました(木下プロジェクト)

 皆さんのご家庭では、梅干しを漬けたことはありますか?
 木下プロジェクトでは、身近な食材を利用した保存食作りをはじめとする調理体験を通して、和食についての探求や和食文化の継承に取り組んでいます。

 梅雨時のこの時期、古来より健康食として親しまれている梅干しをテーマに、先人の知恵や旬の味覚を長期間味わうことのできる保存食について知見を深めるとともに、現代のライフスタイルに合わせた『手軽にできる』梅干し作りを体験しました。
...

【短期大学部】キャリアプランニング科のプロジェクト活動の中間報告です

 平成26年度の春学期が終わった時点で、プロジェクト活動の中間報告書が提出されました。中間報告書から、プロジェクト活動の工夫について報告したいと思います。
...

【学部・短大合同】「第1回教育力向上研修会」開催

 「産業界のニーズに対応した教育改善・充実体制整備事業」においては,人材育成における産業界ニーズを把握し,そのニーズに応じた教育の充実を図ることが求められています。

 本学においては,育成すべき資質として,専門教育における専門知識に加えて,健全なる就職観や就業能力の育成を教育目標に据えています。本補助事業では,これらを鑑みて,学生の社会人基礎力を養成できる教育体制の構築をめざして事業展開することになっています。そこで,昨年度に引き続き,教育力改革・改善活動の充実のために,8月6日(金)に第1回教育力向上研修会を開催しました。
...

ページ

Front page feed を購読