1 of 2

平成22年度「大学生の就業力育成支援事業」において開発・実施してきた「メンタルタフネス講座」は、学生の「メンタル面」の育成を通して、就職後の早期離職などを防止する...

アクティブラーニングによる学生の主体性・創造性を育成し、自己理解を深める活動として、学生が採用面接官を疑似体験する「バーチャル人事体験」を行います。特に通常経験す...

実社会におけるプロジェクトベースでの仕事の増加状況を鑑みプロジェクトの体験を通して産業界ニーズとのギャップを埋める「プロジェクト演習」科目を展開します。学生はゼロ...

学生自らが行動を起こすアクティブラーニングをコンセプトとして、それを達成するための5つの要素(グループワーク、ディベート、フィールドワーク、プレゼンテーション、振...

あらゆる局面でアクティブラーニングの手法としての5つの要素(グループワーク、ディベート、フィールドワーク、プレゼンテーション、振り返り)を含むような活動を展開し、...

メンタルタフネスアセスメント講習を開催しました

メンタルタフネスアセスメント講習を8月8日(月)・9日(火)の2日間にわたり、情報ビジネス学部およびキャリアプランニング科の教員を対象に実施しました。

 

この講習は、学生が持つ「就業力(卒業後、自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力)」が、就業後どのように発揮されるかを事前に発見・予測する手法を教員が身につけ、在学中の指導に活かす事を目的として開催されました。

 

短期大学部の2つのゼミの学生が合同で防犯チーム「防犯ボランティア団体CTS」を発足

文部科学省の採択を受けた「持続型職業人SOZOプロジェクト」の一環として、短期大学部キャリアプランニング科の千賀ゼミと中島ゼミの2年生が合同で、防犯チーム「防犯ボランティア団体CTS(クリーンチーム創造)」を発足しました。

 

8月1日、豊橋警察署長、豊橋市安全生活課長、豊橋創造大学理事長、短期大学部教授たちが出席するなか、豊橋駅東口のベデストリアンデッキで発足式を行いました。

平成23年度「キャリアプランニングⅠ」特別講義が開催されました

6月30日(木)3限 キャリアプランニング科1年生は東愛知日産自動車(株)代表取締役社長 青木公貞 様 を講師としてお招きした特別講義を受講しました。

 

「『若者はかわいそう』論のウソ」と題された講演は、円高により製造業が日本で立ち行かなくなり、就職先は販売業・サービス業が主体になっていくことや、社会からコミュニケーション能力が要求されるようになっていることはそれと大いに関係があり、対人折衝能力をぜひ磨いてほしいなど、今後の就職活動にむけて大変参考となる内容でした。

 

タグ  : 

平成23年度春学期「職業研究」が開講されました

情報ビジネス学部1年生は、本学卒業生を講師としてお招きし、

 

  • 5月23日(月)に竹下 沙織 様 (ヤマトシステム開発株式会社 勤務:9期生)
  • 6月20日(月)に中谷 健太郎 様(自営業:7期生)
  • 6月27日(月)に井澤 友行 様 (株式会社センチュリーアンドカンパニー 勤務:2期生)

 

の3回にわたる特別講義を受講しました。

 

タグ  : 

eラーニングシステム バージョンアップ

eラーニングシステム(Handbook)サーバのバージョンアップを行いました。 iPadにインストールするアプリもバージョンアップする必要があります。 eラーニングのページで公開中のマニュアルを参照し、作業してください。

ページ

Front page feed を購読