大学生コックさんのこどもクッキング(朝倉ゼミ「食の伝達・食育プロジェクト」)

第二次食育推進基本計画の第3食育の総合的な促進に関する事項1.家庭における食育の推進(2)取り組むべき施策の(望ましい食習慣や知識の習得)に「子どもが実際に自分で料理をつくるという体験を増やしていくとともに、親子料理教室など食事についての望ましい習慣を学びながら食を楽しむ機会を提供する活動を推進する。」とある。女性の労働環境や食環境の変化で加工品や中食、外食が増えて家庭で食事を作る機会も減り、家庭での料理の伝承(食育)も薄れていると思われる。 そこで、子どもの頃から食事を自分で作る楽しさや必要性を学び、技術を身に付けて家庭で調理した食事を家族と共に楽しんで欲しい。そこで,学んだ調理理論や技術を外部に発信することを通して、学生の指導する力を育成するために、子ども対象のクッキング教室を実施する。

 

【関連記事】

担当教員: