【学部】自己理解促進講座 教員向け講習会を開催しました

 本学経営学部および情報ビジネス学部では、アクティブラーニングによる学生の主体性・創造性を育成し自己理解を深める活動として、学生が採用面接官を疑似体験する(バーチャル人事体験)自己理解促進講座の開発を進めています。

 そこで3月11日(月)、平成25年度からの本格実施に向け開発中の模擬面接講座プログラムの集団面接と個人面接について、教員自身が学生の立場となっての面接ワークを体験しました。

 当日はここ数年の選考プロセスの変化や背景とねらい、職種による採用側の判断要素の違い等の説明のほか、協力企業人事担当者5名が面接官役を務める模擬面接も行われ、教員が評価を受ける場面もありました。日頃学生の評価をする立場にある教員もこの日ばかりは勝手が違い緊張の連続だったようですが、変化し続ける採用試験の現状や評価のポイント等の説明に熱心に耳を傾け、今後の学生指導に役立てたいとの声も聞かれました。

 

<自己理解促進プログラム面接講座 教員向け模擬講座>
実施日: 平成25年3月11日(月)
場 所: 豊橋創造大学A22教室
対 象: 経営学部および情報ビジネス学部教員12名
講 師: (株)学研メディコン 宗村 善隆 氏