【学部】高校生と学ぶ会計学☆彡(野口プロジェクト)活動状況報告

 英語、数学、日本史、化学・・・皆さんは高校までに色んな勉強をしてきたと思います。そんな皆さんでも、高校生の時に会計学を学んだ人ってなかなかいませんよね!?会計学の知識が、不必要だからでしょうか?それは違います。会計学の知識って社会じゃ必要不可欠なんです。それは英語やパソコンと同じくらい大事なんです。

 それなのに学ぶ機会がないっておかしいと思いませんか!?こんな現状を少しでも良くしたい、これからの日本を担う高校生に会計学の知識を広め、社会を良くしたいという熱い気持ちで、野口プロジェクトは活動しています!

 企業は色々なものを追求しますが、その一つに利益があります。会計学は、企業の利益の計算に関する学問ということができるかと思います。「利益とは何か?」、「どのように計算するのか?」、「どうしたら利益を増やすことが出来るのか?」など、どれも企業にとって重要なことであり、これらの解決策が会計学の中にあります。

 と言っても高校生に理解してもらうには、まずは教える側の勉強が何よりも大事!教える側に会計学の知識がなければ、何も教えることはできませんからね。

 今野口ゼミの学生は、一生懸命会計学の基礎を勉強しています。言わば、走り込みの時期です。この基礎トレーニングをしっかり積んで、秋には、高校生にとって有意義な会計学のレクチャーができるようなプロジェクト活動にしたいと思います!!

 

【プロジェクト紹介】