【学部】野口ゼミ学生が高校生を対象に会計学に関するプレゼンを行いました(野口プロジェクト)

 野口ゼミナールでは、高校生に会計学の基礎知識・必要性を伝えることを目的としてプロジェクト活動を行っています。

 前回(10月17日)は藤ノ花女子高校で約400人を対象にして、ディズニーリゾート((株)オリエンタルランド)の有価証券報告書の見方やディズニーリゾートの秘密についてのプレゼンでした。

 今回(12月10日)は、犬山市にある、犬山高校を訪問し、商業科の生徒に、ディズニーリゾートの財務分析について、プレゼンを行ってきました。商業科の生徒が受講者ということもあり、ディズニーリゾートの収益性や安全性という、前回よりも会計学の色彩を濃くしたプレゼンを行いました。

 専門性が、強いため、理解してもらえるか不安でした。しかし、プレゼンを聞いた生徒からは、「ディズニーの意外な一面を知れて楽しかった」、「会計学ってそんなこともできるんだ!」、「会計学をもっと学びたい!」、「もう少し詳しくお話を聞いてみたい!」などと高評価を受けることができました。

 

【プロジェクト紹介】