豊橋献血促進プロジェクト(山口プロジェクト)

近年、若年層の献血離れが深刻な社会問題となっている。 本プロジェクトでは、献血に関する広報活動を通じて、豊橋市における若年層(本学学生含む)の献血率向上に貢献することを目的として、具体的に次の活動を行う。

  1. 献血イベントの広報
    市内で企画されている献血のイベント等の情報を広報し、献血を呼び掛ける。
  2. 献血に関する情報の調査・整理・公開
     献血に関する各種数値データをまとめ、公開する。これは、献血に関する知識不足、および、それに起因する不安・抵抗を取り除く効果を期待して行うものである。
  3. 献血意識調査(アンケート)
     はじめに、本学の学生を対象として、献血意識調査(アンケート)を行い、現状を把握する。結果を分析して、献血率を高めるための方策を検討し、実施する。本プロジェクトの実施前後で、学生の意識に変化が生じたか否かを測定する。
  4. ヒアリング
     献血に関わる方々にヒアリングを行い、医療現場などにおける声を公開・発信できるよう検討する。

本プロジェクトの実践を通じて、以下のことを学ぶ。

  • タスク管理、スケジュール管理、共同作業
  • 情報の収集および整理・分析能力
  • アンケートの作成方法・集計方法の理解
  • データの処理(Excel など)を通じた情報処理技術の習得
  • Web サイトの設計ほか情報発信に関する知識・スキルの習得
  • 社会人基礎力(コミュニケーション力など)

 

【プロジェクトWebサイト】

【関連記事】

 

担当教員: