【短期大学部】イトウ製菓を訪問しました(今泉プロジェクト)

 今泉ゼミでは、今年度のプロジェクト活動のテーマとして「豊橋の駄菓子」を採り上げました。
 豊橋市では「さつまいも」の生産が盛んだったので、戦後に「水あめ」や「たんきりあめ」、「ゼリー」をつくる工場が現われ、その後、それらの工場が駄菓子を生産するようになりました。

 7月9日(水曜日)の午前中、今泉ゼミの学生5名は豊橋市内の有限会社イトウ製菓を訪問しました。経営者の伊藤秀和社長から、豊橋の駄菓子業界のお話をいろいろ伺ったあと、工場見学をさせていただきました。

 イトウ製菓では、「ヨーグル」の生産から撤退し、現在の主力商品は「チョコレートクランチ」になっています。できたてのチョコレートクランチを試食させていただきました。

 今泉ゼミでは、「駄菓子業界」を研究する一方、創造祭では駄菓子の販売を予定しています。

 

【プロジェクト紹介】