全員で合格を目指す医療秘書検定・韓国医療視察(長谷川プロジェクト)

(1)全員で合格を目指す医療秘書検定

医療秘書教育全国協議会が主催する「医療秘書技能検定試験」の2級、準1級の合格をゼミ生全員が合格を目指すという目標を掲げ、それにむけた学習の中で、ゼミ生が協力し合い、それぞれの課題を共有しながら学んでいく姿勢を創ること。

検定試験に向けた学習スタイルの確立

  1. 全体学習のスケジュール立案
  2. グループ分けを行う(5名×9グループ)
  3. 全体学習後のグループ学習でお互いの情報を交換し合う

 

(2)韓国医療視察

長谷川ゼミでは、過去5年にわたって、韓国医療視察を実施してきた。毎年、大韓医師協会国際協力部を中心に対応していただいているが、昨年からは漢陽大学及び漢陽大学付属国際病院を見学させていただき、韓国の大学事情及び、付属国際病院のシステム及び目指すもの等を、日本との対比で討論する。

今年度も、8月29日~8月31日にかけて訪問し、意見交換会をウィンウィンの関係で構築し次年度につなげていきたい。

 

担当教員: