「発酵食品のおいしさ発見」プロジェクト(木下プロジェクト)

プロジェクト目的

  • 調理技術の発表の場として人々が集まる創造祭を利用して、発酵食品を使った料理作品の展示を行う。
  • 調理実習で行ったランチ実習の集大成として、(同じく創造祭に)ミニレストランを開催し、調理技術やコミュニケーション能力の向上を目指す事を目的とする。

プロジェクトの詳細

  • 発酵のしくみと歴史について学ぶ。
  • 身近にある発酵食品を考える事により、先人の知恵を学ぶ。
  • 発酵食品の健康効果を考える。①免疫力 ②生活習慣病の予防効果 ③抗ストレス作用など
  • 出来うる発酵食品を作ってみる。味噌の仕込み・糠漬け・甘酒など
  • 発酵食品をもっと楽しく、もっと身近に感じるよう手軽に出来る料理法を考案する。
  • 評判の良かった集団調理(アイテキサス)のレストランを再開し、料理部門やサービス部門どちらもグループワークで頑張りたい。

 

【関連記事】

 

担当教員: