【短期大学部】食の伝達・食育プロジェクト「大学生コックさんのクッキング教室(こどもクッキング)」活動報告(朝倉プロジェクト)

プロジェクト活動報告(第4回目:最終回)

 調理師コースの朝倉ゼミは「大学生コックさんのこどもクッキング」の本年度最終回を11月29日(土)に実施しました。この日の参加者は小学25名で、賑やかくそして楽しく終了しました。

 今回は和食を取り上げ「手まり寿司・沢煮椀・たまごボーロ」の3品でした。沢煮椀は具が沢山という意味もあり、参加者は牛蒡や人参などの沢山の食材の千切りに挑戦しました。牛蒡では「笹がき」という切り方をしました。本来は包丁を横にして笹の葉のように薄く切るのですが、今回は牛蒡に切り込みを入れてピーラーを使った切り方を指導しました。

 手まり寿司では小さく丸めたすし飯と具材を重ねてラップで丸く可愛く仕上がました。そして菓子の「たまごボーロ」はみんなで楽しく80個を丸めました。

 今回は細かな作業が多く、いくつかの想定外の出来事もありましたが、参加の子どもたちも進んで取り組んでくれたので予定の時刻頃には喫食を開始できました。

 最終回でもあり学生には参加者と楽しく会話をするほどのゆとりすら感じられる場面もあり、プロジェクト活動を学外で実施することで純真な子どもたちと関わりながら一緒に調理をすることで学生の成長が見られました。本年度は毎回定員を超える応募をいただき、実施拠点としてこども未来館ココニコの皆様にも大変お世話になりました。この場をお借りしてお礼申し上げます。


みんなで記念写真 小学生25名の参加

人参の千切り、男子も手つきよく

手まり寿司に挑戦!

たまごボーロの生地をみんなで楽しく捏ねました

手まり寿司といなり寿司

沢煮椀

たまごボーロ

 

【プロジェクト紹介】