メンタルタフネスを活かすビジネス研究講座(2)を開催しました

12月17日(土)に情報ビジネス学部3年生を対象にメンタルタフネスを活かすビジネス研究講座(2)を開催しました。

 

10月に開催したメンタルタフネスを活かすビジネス研究講座(1)と同様に、ボードゲームと事例を通して、企業との相性や業界・企業研究の必要性と重要性を学びました。

今回の業界研究では、ビジネスを拡大するために必要なものは何か?を常に考えながらの作業が多く、慣れない言葉や作業に戸惑う学生も見られましたが、しだいに仲間とコミュニケーションを取りながらイキイキと作業に取り組む姿に変わりました。

 

受講後の学生からは「より良い方法を考えるには、チーム内でのコミュニケーションが大切であることを実感した」「過去の経験や固定観念にとらわれず、ひらめきを大切にすることが必要」などの声が聞かれました。

 

今回の講座をもって、今年度予定していた全4回のメンタルタフネス育成に関する講座が終了し、いよいよ受講成果が試される就職活動が本格化します。スキル面だけでなく、精神面の強さも兼ね備えた本学学生たちの活躍の場が広がるよう、全学一丸となって内定獲得へ向け取り組んでまいります。