村松ゼミ『I❤ROSEプロジェクト』が創造祭の収益を東日本大震災の復興支援金として寄付しました

 キャリアプランニング科村松ゼミでは、今年度、田原市の渡辺農園様のご協力をいただいたプロジェクト演習で、地域の産業についての知識を深め、地域貢献のために自分たちができることは何かを学びました。本学短期大学部の女子学生とバラ園とのコラボレーションによるSOZOブランドの立ち上げをめざした活動の中で生まれた『青いバラ(SOZO ROSE)』を中心に、新鮮なバラの魅力と素晴らしさを多くの方に伝えるため、10月22日・23日に開催された創造祭でバラの販売を行いました。中でも、青いバラは2日間での販売予定数を初日のわずか半日で売切ってしまうほど、多くの注目を集めました。

 

今年度のプロジェクト終了に伴い、ご協力いただいた渡辺農園の渡辺様のご理解をいただき、10月22日・23日に開催された創造祭での収益24,600円の全額を東日本大震災の復興支援金として中日新聞社会事業団へ寄付いたしました。

 

青い薔薇は世界中の愛好家の中では夢とされ、不可能という意味さえあると言われています。学生達の『夢をかたちにする想い』が多くの被災者の方に伝わることを願うとともに、一日も早い復興に協力していこうと心新たに誓う学生達でした。