「豊橋産の野菜と米粉を使った焼き菓子の開発」プロジェクト(朝倉プロジェクト)

 農業が盛んである豊橋で調理を学ぶ中でセミナーでは「野菜の摂取量を増やす取り組み」を掲げて活動している。そこで、農産物への関心を高め、農産物の6次産業化への提案の一つにしたいと、米粉と豊橋の農産物(主に野菜)を組み合わせた新たな製品を考えようと、野菜入りの焼き菓子の製品化への取り組みを始めた。試作品のアンケートによる市場調査を行い、今後の製品化への問題点の検討を行った。取り組み自体には未知の製品作りに学生は意欲的であったが、製品化への壁も多いことを経験した。今後への反省と課題を出し合い製品化実現に向けて経過体験を重ね、創造力と実行力の向上が図ることができた。今後は別の焼き菓子も視野に入れつつ、授産所等への製造依頼に向けての取り組みも検討して進めていく予定である。

 

担当教員: