短大

 平成26年5月30日(金曜日)4限、キャリアプランニング科1年生は、キャリアセンター職員によるインターンシップのガイダンスに参加しました。昨年度のインターンシップの実習の様子をスライドで紹介してもらい、その後、今年度のインターンシップの実施概要について説明を受けました。
...

 

 村松プロジェクトでは、田原市のバラ園((株)デイジー)にご協力いただき、新鮮なバラの地産地消システムについて探求を深めています。
 東三河地方はバラだけでなく生花の生産が盛んであり、生活の中に花を取り入れる取り組みも数多くおこなわれています。そこで今回は、生花と身近な材料を使い、作品の全てを手作りし、自由に表現することをとおして自主性や感性を養う『花育』を体験しました。
...

 平成26年5月17日(土曜日)に、三重大学で東海A(教育力)チームの今年度 第1回 連携FD ワークショップが開かれ、キャリアプランニング科からは2名の教員が参加しました。そこで得られた知見を共有するために、5月21日(水曜日)の科会で「失敗マンダラ」について勉強会を持ちました。
...

 三重大学にて開催された東海A(教育力)チーム 2014年度第1回連携FDワークショップ「産学アクティブラーニングの発展に向けて」に本学教員7名が参加しました。当日は、京都産業大学コーオプ教育研究開発センターの後藤文彦先生による基調講演「対人交流特性と入試偏差値からみたグループワークの実態と対応策」やグループワーク「アクティブラーニングの失敗マンダラ」が行われました。
...

 平成26年5月16日(金曜日)4限、キャリアプランニング科は、1年生を主な対象にして外部講師・水野愛子様(日本表情筋トレーニング協会代表)をお迎えして、特別講座の後半の部を実施しました。5月9日(金曜日)に実施した前半の部に続くものです。ここでは、2回の講座全体をまとめて報告いたします。
...

 

 木下プロジェクトでは、『和食』がユネスコ無形文化遺産(世界遺産)として登録されたことをきっかけに、和食材からみた『和』の文化についての探求を今年度のプロジェクトテーマとしています。
 その第1弾として、5月9日(金)に豊橋茶業農協様のご協力により、一番茶の茶摘み体験と煎茶製造工程の見学を行いました。
...

 平成26年5月9日(金曜日)4限、キャリアプランニング科は、1年生を主な対象に、外部講師・水野愛子様(日本表情筋トレーニング協会代表)をお迎えして、特別講座を実施しました。
 この講座は、今回と来週5月16日(金曜日)の2回開催のもので、今回は前半部分です。講義は、気持ちの持ち方から始まり、プラスイメージの言葉による意識付けが如何に大切か、1年生は聞き入っていました。
...

 平成26年5月7日(水曜日)1限、5月の連休明け最初の授業ですが、キャリアプランニング科2年生は、「リフレッシュ講座」に参加しました。
 2月初旬の「自己理解促進講座」の受講後、大半の学生は活発に就職活動をしてきています。一息つきたいこの時期、これまでの就職活動を振り返ってもらったり、また、これまでなかなかうまく活動できていなかった学生の背中を押すという意図から5月の連休明けに実施しようと企画したものです。
...

 キャリアプランニング科の1年生対象に「メンタルタフネス講座」を開催します。
 求人のために組織・会社を訪問した際に、実社会が求める人材像をお伺いすると、「がんばれる人」「ちょっとやそっとのことでは辞めない人」「壁を乗り越えられる人」「他人がいやがることから逃げない人」を求められます。また、昨今問題となっている若者の早期離職の一因に、メンタル面の弱さが挙げられています。そんなことから、3年前から「メンタルタフネス講座」を始めました。
 平成26年度は、春学期中頃に「ベーシック講座」、夏休み前に「モチベーション講座」を開催します。
...

 平成26年4月25日(金曜日)4限、キャリアプランニング科1年生は、キャリアセンターによるガイダンス「キャリアセンターの紹介」に参加しました。
 伊藤欣也・センター室長によるもので、キャリアセンターの取り組み、求人状況、学内行事、卒業生の就職状況などの概要説明がありました。
 一番大切な内容は、「企業・医療機関の求める人材」についての話でした。どの組織も求める人材は共通していて、
...

ページ

短大 を購読